お薬を個人輸入|処方箋がいらないバイアグラ通販

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用

現在報告されているバイアグラの副作用は次のようなものが挙げられています。

 

頭痛はバイアグラ服用者の10人に一人の割合で発生しています。軽度のもので、バイアグラの薬効が切れる3時間までには症状がなくなるものがほとんどです。

 

幻覚は服用者の3%に出ています。軽度で一時的なものしか確認されていません。

 

また、バイアグラには血圧を硬化させる作用があるため、立ちくらみなどの症状が出ることもあるようです。

 

症状 バイアグラ50r バイアグラ100r
頭痛 16% 16%
ほてり 10% 10%
消化不良 7% 16%
幻覚 3% 9%
下痢 5% 7%B

 

バイアグラの副作用に関してはこのようなデータがあります。また臨床試験とは別の副作用があるのではないかと考えられています。

 

バイアグラの効果によって、性行為をすることができるようになった喜びから、過度の性行為回数や頻度、それに伴う心臓への負担などです。

 

また、バイアグラの精神依存、バイアグラなしでは生きてはいけないと考える人も出ました。

 

また、勃起不全は心筋梗塞などの病気の原因と考えられていたため、勃起不全をバイアグラで改善してしまうことにより、心筋梗塞や脳梗塞などの早期発見する確率が下がってしまうと警鐘を鳴らす人もいます。